ブログ

ショップ代行

                                 
ebay代行 ショップ代行 転送サービス 日本への発送

2020年5月22日 ショップ代行

来週月曜日(5/25)はメモリアルデーのためお休みとなります。

今週末は多くのオンラインストアでメモリアルデーセールが行われます。


アメリカでは一部自粛が解禁され、多くの場所でショッピングモールが再開しましたがまだ人はあまり来ていないようです。

各お店は、その分通販サイトに力をいれているようで、お買い得な商品がたくさん出ています。


お店の通販サイトへのリンクをリストアップします。

日本から注文できるお店は転送サービス、できないお店は注文代行サービスをご利用ください。

メモリアルデーセール

総合ショッピングサイト

スポーツ・アウトドア

ファッション

ビューティ

子供服

家電・コンピュータ

おもちゃ・ゲーム

楽器

ホームセンター

海外ショップから商品購入する方法

us-buyer.comではこれらのお店でお客様に代わり注文し日本のお客様宛てお送りします。ショップ代行サービスはこちら

ご自分で注文した商品をus-buyer.com経由で日本へ発送し送料を節約する転送サービスはこちら

リンク

by us-buyer


5月1日現在の新型コロナの影響についてお知らせします。

オレゴン州の状況

弊社のあるオレゴン州は西海岸の3州の中では最も感染者数が少ないです。

しかし外出禁止令はまだ解除されていません。
弊社では在宅勤務と、ウエアハウス内ではソーシャルディスタンスを保って作業し営業しております。

西海岸の州のコロナ感染者数

カリフォルニア州オレゴン州ワシントン州
感染者数48,9172,57914,070
死者1,982104801

入庫作業

全ての業者(USPS, FedEx, UPS, DHL, Amazon)が通常通り配達しています。

amazonやWalmartなど大手のオンラインストアも通常通り発送しております。

個人のセラーからの荷物は発送が遅れたり、キャンセルされる可能性があります。
またebayのアメリカ以外のセラーで外に出れないので発送ができない、というケースがいくつかありました。

日本への発送

ヤマト国際宅急便の発送は、5月17日まで週2回(火と金)となります。

FedExは毎日発送しております。

USPSは70か国以上の国への郵送を停止しました。幸い日本はこの中に含まれていません。
発送を停止した国のリストはこちら

現在FedExが一番安定しているので、発送リクエストをお送りの際はFedExをお薦めしています。

まとめ

オレゴン州は感染が少ないとはいえ、外出禁止令はまだしばらく続きそうです。ウエアハウスでは少人数で作業しているため、遅れが生じることがあります。ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。

天気がよくなってきたので、早く外出禁止を解除してほしい!

リンク

by us-buyer


海外の通販サイトの口コミ

海外通販の口コミサイト「f-buyer.com」を作りました。

f-buyerとは、特に意味はなく、たまたまドメインを持っていたので使いました。もし何かいいごろ合わせがあったら教えてください!

なぜ海外通販サイトの口コミかと言うと、日本から直接注文できる海外の通販サイトがどんどん増えていく中、注文する時にそのサイトで注文したことがある人の口コミを見たいのでは、と思ったからです。

ただまだ口コミ投稿が少ないので、「口コミを書いていただいた方の中から抽選で5名様に米国アマゾンの25ドル分ギフト券プレゼント」キャンペーンを行います!

抽選方法をいろいろ考えたのですが、ランダムに日時を5つ決めて、それに一番近い日時に投稿された方を当選者とさせていただきます。

この方法ですとたくさん投稿すれば当選する確率も高くなります。

ただ実際にそのお店で注文したことがある方に投稿をお願いします。

また投稿する際にメールアドレスを間違えないようにお願いします。当選した場合はそのメールアドレスにギフト券を送りますので。

詳しくはこちら

by us-buyer


米高級百貨店ニーマンマーカスが破産?

新型コロナで店を開けられない

アメリカの高級百貨店「ニーマンマーカス」が破産申請するかも、というニュースがありました。

新型コロナの影響でお店を開けない小売店は非常に厳しいです。

特に実店舗で売るはずだった在庫をどうするかが大きな課題ですが、オンラインストアで販売しているところが多いようです。

そのため今年の新商品をすでに割り引いて販売している百貨店もあります。

米百貨店の通販サイト

ここではアメリカの百貨店の通販サイトを紹介します。

リンク

by us-buyer


米国アマゾン、新型コロナウイルスの影響

アメリカの多くの地域で外出禁止令が出ているため、アマゾンドットコムの注文が急増しているそうです。そこで新しく10万人を雇うというニュースがありました。しかしまだ人員が足りない、安全に作業しないといけない、従業員がストライキを起こしたなどで、発送に遅れが出ている状況です。

また発送する商品に優先順位をつけて生活必需品を優先して発送しているそうです。

海外発送停止?

これとは別に、人から「日本へ商品を発送しなくなったのでは?」という話をきいたので試しにいくつか商品をショッピングカートに入れてみました。

すると確かに「Sorry, this item can’t be shipped to your selected address.」と表示されます。

事実を確認しようとニュース検索しましたが、amazon.comが海外発送を停止した、というニュースはありません。

一部のみ発送停止

そこでamazon.comのヘルプ内を検索したところ、「our selection of items available for international shipping may be temporarily reduced.」とありました。
つまり「海外発送する商品の種類を減らしました。」ということです。

まとめ

つまり全く発送しないというわけではないようですね。

もしいつも仕入れている商品が一時的に発送しなくなってしまった場合は、us-buyer.comの転送サービスをご利用ください。ばらばらに届いた注文もまとめて梱包し、ヤマト国際宅急便やFedExでお安く日本へ発送いたします!

もし日本から注文ができない場合はショップ代行サービスをご利用ください。

リンク

by us-buyer


アメリカのモールは新型コロナで閉まっている。

アメリカのショッピングモールで一時解雇が始っている

アメリカのショッピングモールは新型コロナウイルスの影響で閉まっています。

モールに入っている多くのチェーンストアでは店舗を開けないため従業員を一時解雇する動きが出ています。

大きなニュースになったのは、アメリカのモールには必ずある百貨店、メイシーズが子会社のブルーミングデールを含め全米約700店舗の従業員12万人を一時解雇したことです。お店を営業できないので仕方がありません。ただオンラインストアが忙しくなっているためそちらへ人員を移動するようです。

実店舗の代わりにオンラインストアに注力

お客さんが側も実店舗に行けないのでオンラインストアの利用が増えています。

オレゴン州にある老舗の書店「パウエルブック」もコロナウイルスの影響で約3,000人のスタッフを解雇しましたが、その後オンラインストアが忙しくなり一部を雇い戻したそうです。

このように実店舗を閉めないといけない状況が続いているストアは、店舗で売るはずだった在庫をオンラインストアで売るようになっています。中には在庫を減らすため今年のモデルをすでにディスカウントで販売しているお店もあるようです。

ショッピングモールに入っているお店はだいたい同じお店ですので、弊社のそばにあるワシントンスクエアモールに入っているお店を参考に、それらの通販サイトのリンクを以下にリストします。ここから注文につながり、新型コロナで大変な目にあっている小売店やそのスタッフを応援できれば幸いです。

日本へ発送するお店

これらのお店は日本からクレジットカードやPaypalで注文が出来て、日本へも発送してくれます。

ファッション – アパレル

その他

日本へ発送しないお店

これらのお店は日本へ発送しないので代行サービス転送サービスをご利用ください。

ファッション

化粧品

テクノロジー

その他

リンク

by us-buyer


アメリカの新型コロナウイルスの状況ですが、この1、2週間で急に日常生活に影響が出てきました。公立学校の休校、スーパーではマスク、消毒液、トイレットペーパーなどが売切れ、レストラン、スポーツジムなどが休みなどです。

us-buyer.comへの現在の影響をお知らせします。

荷物は増えている

WHOのサイトに書かれているように荷物から感染することはないそうです。実際amazon.comなどの注文は急増しているそうです。

弊社に届く荷物も増えている状況です。

アメリカの転送サービスにおける新型コロナの影響
荷物が増えています。

在宅勤務

オフィスの仕事は在宅で行うことにしました。そのためチャットや電話でのカスタマーサービスを停止しております。お問い合わせはチャット画面のメッセージや注文ページからの問い合わせをご利用ください。

配達と発送

USPS, FedEx, UPS, DHL, amazonなどの配達はすべて通常通り行われております。

ヤマト,USPS, FedExの発送も通常通りです。

入庫、発送作業

荷物が増えているため入庫、発送作業に遅れが生じる可能性があります。

スムーズに作業ができるように以下のご協力いただけますと幸いです。

追跡番号別に転送依頼をお送りください。

転送サービスご利用の場合、購入先から追跡番号を知らせてきたらマイページの左側「転送依頼フォーム」より転送依頼をお送りください。同じ注文でも別々に送られてくる場合は追跡番号別に転送依頼をお送りください。

またebay転送依頼ツールやCSVファイルのアップロード機能を使うと便利です。

転送依頼は追跡番号別に

食品衛生法、薬機法にかかわる商品の発送はFedExかUSPSで

以下の商品はヤマトさんで発送すると税関で留まる可能性がありますのでFedExかUSPSで発送してください。

  • 食品
  • キッチン用品、キッチン家電
  • その他食品や口に触れるもの (水筒など)
  • 6歳未満幼児対象商品
  • 化粧品
  • 液体や粉上の商品で成分表の提出を求められる可能性があるもの

マスクや消毒液の転送

アメリカでもなかなか入手できないマスクや消毒液ですが、お客様が注文されたものが届きます。マスクと消毒液は薬事法にかかわるため日本へは個人使用での輸入に限ります。また消毒液は危険品発送になるため送料とは別に危険品取扱料99ドルが別途かかります。こちらの記事を参照ください。

どこで見つけたのか?!マスクや消毒液が届きます。

ライブオークションの延期

us-buyer.comではライブオークションでの入札代行を行っていますが、オークションの延期が増えています。人が密集するので理解できますが。そのかわりオンラインでだけ行うライブオークションも増えています。

ライブオークションの延期が増えている。

オンライン注文が増えている

先にも書きましたようにamazon.comの注文が急増しているそうです。

amazon.com 以外のオンラインストアでも実店舗が営業できない分オンラインでの営業に力を入れてセールを行ったりしそうです。

また休業で仕事が休みになった人たちが、ebayメルカリPoshmarkなどのフリマサイトでお小遣い稼ぎを始めるために出品数が激増するのでは、という話も聞きます。

このように荷物が増える可能性がありますが、スムーズに注文代行、入庫、発送作業を進めていけるよう努めてまいります。よろしくお願いいたします。

リンク

by us-buyer


アメリカではこの1週間くらいで急にコロナウイルスの影響が出てきました。

米国オレゴン州の状況

us-buyerのあるオレゴン州での感染はまだ30件くらいですが、非常事態宣言がだされてイベントがキャンセルされています。また今日、公立学校が今月いっぱい休みになると発表されました。

us-buyerの業務への影響

us-buyerの業務には今のところ影響は出ていませんが、スタッフがオフィスに来れないなどの影響がこれから出そうです。

業務に支障がでることがありましたらお知らせしていきます。

米国オレゴン州 天気がいい日が続きます

リンク

by us-buyer


マスクや消毒液(サニタイザー)の不足のためアメリカから輸入される方が増えています。マスクや消毒液の輸入の際の注意点をお知らせします。

マスクの輸入

マスクは薬機法に触れるため個人使用のみで輸入できます。販売用では輸入できないのでご注意ください。個人での使用量を超えると税関が判断された場合は税関で止まります。発送方法はFedExかUSPSをご利用ください。

消毒液(サニタイザー)の輸入

消毒液も薬機法に触れる商品ですので個人使用で24本まで輸入できます。

またアルコールが入っている可燃性液体であるため危険品扱いで発送する必要があります。Fedex送料と危険品取扱料99ドルが別途かかります。

リンク

by us-buyer


アメリカ外へ輸出が禁止されている商品がたまに届きますのでどういった商品かリストアップします。
これらの商品は転送できませんので転送住所宛てに送られないようご注意ください。

EARとITAR

輸出禁止品については主にこの2つの条例で定められています。

EAR

Export Administration Regulationsの略で米国商務省が管轄の条例です。
輸出ライセンスが必要な商品をカテゴリー分けし番号(ECCN)をつけています。
商品だけでなく、輸出先として禁止されている国や人物も定められています。

ITAR

The International Traffic in Arms Regulationsの略で、国防やミリタリー関連品や技術の漏洩を防止するための条例です。

禁止品

輸出禁止されている商品をリストアップします。
おおざっぱに言うと「ミリタリー関係」と「航空機関係」が要注意です。

  • スタンガン、テーザー (Stan guns, Tasers)
  • 熱画像 (Thermal imaging)
  • ライフルスコープ (Rifle scopes)
  • ミリタリーライフルスコープ、熱画像サイト (Thermal weapon sights)
  • 武器用オプティカルサイト (Optical sights for firearms)
  • 手錠 (Handcuffs)
  • ボディーアーマー (Body armor)
  • 加速度計 (Accelometers)
  • 慣性基準装置 (Inertial Reference Units)
  • 電子回路FPGA and MOSFET (FPGAs and MOSFETs)
  • 電子回路 A/Dコンバータ (Analog to Digital converters)
  • 特定の暗号機能をもったネットワーク機器 (Network equipment with certain encryption capabilities)
  • オシロスコープ (Oscilloscopes)
  • 化学戦や生物剤用の検出器や防御器具 (Detection and Protective equipment designed for chemical warfare or biological agents)
  • 角速度センサー (Angular Rate Sensor)
スタンガン、テーザー
熱画像機器
熱画像機器
熱画像機器
ライフルスコープ、熱画像サイト
武器用オプティカルサイト
手錠、ボディーアーマー
加速度計
慣性基準装置
電子回路FPGA、MOSFET
電子回路 A/Dコンバータ
特定の暗号機能をもったネットワーク機器
オシロスコープ
化学戦や生物剤用の検出器や防御器具
角速度センサー

禁止品を製造しているメーカー

これらのメーカーの全ての商品が輸出禁止品というわけではありませんが、ここの商品が届いたら要注意です。

またOpticasPlanet.comというお店で売られている商品は要注意です。

アメリカ外輸出禁止かどうかの調べ方

特定の商品が輸出禁止品に該当するかどうかはそのメーカーのサイトで確認します。
あと私がよくやる方法は、グーグルで「商品名 export restrictions」で検索します。そうすると禁止されている商品の場合EARやITARに該当すると書いてあるページが出てきます。

アメリカ外輸出禁止品が届いた場合

弊社に輸出禁止品が届いた場合はお客様に連絡し以下の2択より選択していただいております。

  1. 送り主へ返送
  2. 破棄

以前はアメリカ内の他の住所へ発送もしましたが、米国当局からの指導でそこからアメリカ外へ発送される可能性があるので禁止となりました。

まとめ

「輸出禁止品を米国外に持ち出して逮捕された」みたいなニュースは大企業にだけ起こるようなイメージがあるかもしれませんが、個人が転送会社を使ったケースでも多く摘発されています。

弊社はこれらの商品をアメリカ外へ送るよう強要された場合などは当局に報告するように指導されています。
よってこれらの商品を転送住所へ送らないようご注意お願いします。

リンク

by us-buyer


US$1=¥
アメリカ顧客向け発送サービス
                               
2020年5月の営業日
1 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
赤字=休業日