ボートやヨットのパーツをアメリカから輸入する

日本への発送  2023.10.20   2023.10.21

ボートやヨットのパーツをアメリカから輸入する

ボートやヨットのパーツマリン用品は海外メーカーの物が多いため日本では手に入りにくい傾向があります。

その場合はいっそのこと海外から直接取り寄せてしまいましょう。

us-buyerの輸入代行サービスは日本人による日本語での対応ですので安心です。

この記事ではマリン用品をアメリカから輸入代行を使って輸入する方法と、マリン用品を輸入する際の注意事項を書きます。

パーツの探し方

ボートのパーツは、船体、エンジン、プロペラ、舵、マスト、帆など、さまざまな種類があります。

パーツの基本的な探し方は、

  1. メーカーを調べる
  2. パーツの型番品番を調べる
  3. Googleで検索する

となります。

ボートのパーツは、West Marineなどの大手のお店でも売られていますが、小さい個人店もたくさんありそういったところで見つかる場合もあります。

アメリカのマリン用品チェーン店 WEST MARINE
アメリカのマリン用品チェーン店 WEST MARINE

輸入代行依頼

取り寄せるパーツ購入先が決まったら、us-buyerマイページの「輸入代行依頼フォーム」を送り代行を依頼してください。

フォームに記入するのが面倒だったり、スマホから依頼したい場合は、「LINEで輸入代行」をご利用ください。

商品ページをLINEで送るだけなので簡単です。

マリン用品を輸入する際の注意事項

モーター本体の発送は不可

アメリカにはMERCURYなど有名なモーターのブランドがありますが、モーター本体をアメリカから日本へ発送することはしておりません。

モーター本体の発送は行っておりません。
モーター本体の発送は行っておりません。

危険物に注意

オイルペイントクリーナーなどは危険物の可能性が高いです。

危険物をアメリカから日本へ発送することは可能ですが、危険物取扱料($350~)が別途かかります。

詳しくは「危険物の発送」を参照ください

バッテリー

バッテリーも日本へ発送するには危険物として発送する必要があり別途取扱料がかかります。

発送できる容量、大きさ、重量には制限があります。

また中古のバッテリーは発送できませんのでご注意ください。

詳しくは「リチウムイオン電池商品の発送」を参照ください。

マリンバッテリー
マリンバッテリー

投稿者プロフィール

Takeshi Yoshida
Takeshi YoshidaOwner
1991年 日本大学卒業。
1993年 サンフランシスコのCollege for Recording Arts 卒業。
その後、渋谷のUSトーイ専門店へ商品を送る仕事をしたご縁で2000年にus-buyer.comを設立。
連絡代行サービス
返品受け取りサービス
ライブオークション入札代行
パーソナルショッパーをやってみませんか?
us-buyer アメリカから輸入ブログ
2023年 アメリカ セールカレンダー