アメリカから日本へ 危険物発送

 
転送会社に危険物のため発送ができないと断られたことはありますか?
アメリカから日本へ危険物発送

 

us-buyer.comでは資格者により危険物発送を行っております!
※発送方法は「FedEx」「送料」「危険物取扱料」が発生します※

危険物取扱料

「FedEx送料」とは別に「危険物取扱料」がかかります。
危険物取扱料は危険物の種類により異なります。
画 像 商 品 取扱料金
リチウムイオン電池単体 210ドル
(または$1.5/LBのどちらか高い方)
100Wh超えのリチウムイオン電池が入った機器 210ドル
(または$1.5/LBのどちらか高い方)
香水、ネイルポリッシュ、ロゲインなど可燃性の化粧品 210ドル
(または$1.5/LBのどちらか高い方)
中古のランタン 210ドル
(または$1.5/LBのどちらか高い方)
燃料付着したバイクやオートパーツ 210ドル
(または$1.5/LBのどちらか高い方)
燃料付着した機械類 210ドル
(または$1.5/LBのどちらか高い方)
ショックアブソーバ・サスペンション 210ドル
(または$1.5/LBのどちらか高い方)
ペイント、ポリッシュ、シーラーなど可燃性の液体 350ドル
(または$2/LBのどちらか高い方)
スプレー缶 (消費者用のみ。業務用は不可) 350ドル
(または$2/LBのどちらか高い方)
ライター 発送不可
 

リチウムイオン電池の発送について

リチウムイオン電池の発送については、FedExのこのチャートを参照していますが、わかりにくいので簡単にまとめますと以下のようになります。

発送が禁止されているリチウムイオン電池

以下のリチウムイオン電池は発送できません。
  1. 破損品・不良品
  2. 中古品
  3. 製造元が不明
  4. 定格容量の30%の充電率を超えている。
  5. 1箱の梱包重量が35Kgを超える。

危険物取扱い料210ドルがかかるかどうか?

上の条件をクリアして、発送できるリチウムイオン電池は、以下のように区分して危険物取扱料がかかるかどうかを判断します。
リチウムイオン電池 100Wh以下 100Wh超え
単体 かかる かかる
機器に組み込まれている かからない かかる
商品箱で機器と同梱 かからない かかる

お申込み方法

発送リクエストを送信する際には、発送方法
FedEx プライオリティ」か「FedEx エコノミー」と選択してください。
梱包後に危険物取扱料をご請求させていただきます。
アメリカから日本へ危険品発送​​

ご注意

危険物かどうかは発送時にお知らせします。入庫時にはお知らせできませんのでご了承ください。
ライターは発送できません。
サスペンション類は輸入通関時に「緩衝装置輸入規制通用除外確認証明書」が必要となる場合があります。
エアゾール製品等を輸入する際は、輸入許可が必要な場合があります。詳しくは、こちらの経済産業省のページを参照してください。
連絡代行サービス
米国向け輸出ビジネス用サービス
ライブオークション入札代行
オファー代行サービス
us-buyer アメリカから輸入ブログ
バイヤーマッチングマーケットプレイス f-buyer.com