ブログ


2020年7月30日 日本への発送

お問い合わせでよくあるのが、「この商品は転送できますか?」「これは危険品取扱手数料はかかりますか?」という質問です。

そこで、購入しようとしている製品が危険品かどうかを調べる方法と、危険品取扱料はいくらかかるかの見方を紹介します。

危険品とは?

危険品とは、健康、安全、環境に危害を加える可能性がある製品や成分です。

特に航空便の荷物に関して言えば、航空機・空港施設等、搭乗員、空港で働く人たちに危険を及ぼす恐れのあるものとなります。

危険品の種類

危険品といっても様々な物があるので、国際連合により9つの種類(Class)に分類されています。

  1. 火薬類
  2. ガス
  3. 引火性液体
  4. 可燃性物質
  5. 酸化性物質
  6. 毒物
  7. 放射性物質
  8. 腐食性物質
  9. その他

この9つの種類の下に、より細かく危険品が定まっています。それぞれの危険にはUN番号が付いています。UNはUnited Nations (国際連合)の略です。例えば、ガス缶 (Aerosols)はClass 2でUN番号は UN 1950 となります。

危険品かどうかの調べ方

商品のメーカーが発行しているMSDS(またはSDS)という書類の14項目「TRANSPORT INFORMATION」を見るとわかります。

ここにUN~という番号が書いてあれば危険品、Not regulated 等書いてあれば危険品ではないということになります。

ここにはいくつかの組織(DOTやICAOなど)別にUN番号が書かれている場合があります。その場合は、IATA (国際航空運送協会)のUN番号を見てください。

MSDSを探すには、Googleで「商品名 MSDS」と検索すると出てきます。多くの場合PDFの書類が検索されます。

IATAのところを見る

危険品取扱料がいくらかの見方

us-buyer.comでは危険品を発送する際に、危険品取扱料として99ドルか199ドルをチャージさせていただいております。

この99ドルか199ドルかの違いは、Inaccessible(アクセスできない) か Accessible(アクセスできる)かの違いになります。

より危険な荷物は飛行機内で何かあった場合搭乗員がすぐにアクセスできる場所に置く必要があります。これがAccessibleで取扱料は高い方の199ドルになります。

危険度が低いものはすぐにアクセスできる場所でなくてもいいので、Inaccessibleで取扱料は安い99ドルになります。

Inaccessible か Accessibleかの見分け方は先ほどの9個の種類(Class)で見分けます。

Inaccessible (取扱料99ドル)

  • Class 6 毒物
  • Class 7 放射性物質
  • Class 9 その他

Accessible (取扱料199ドル)

  • Class 1 火薬類
  • Class 2 ガス
  • Class 3 引火性液体
  • Class 4 可燃性物質
  • Class 5 酸化性物質
  • Class 8 腐食性物質

※ us-buyer.comではClass 7 放射性物質は取り扱っていません。

具体的な商品とClass

us-buyer.comでよく発送する危険品商品とClass番号、手数料をリストします。

商品Class手数料
燃料残留があるキャンプランタン、
バイクのガスタンク等
Class 9$99
香水など可燃性液体が入った化粧品Class 9$99
車のガス式ショックアブソーバClass 2
(不燃性ガス)
$99
塗料Class 3$199
ガス缶Class 4$199

リチウムイオン電池

最近では多くの製品にリチウムイオン電池が使われています。製品によっては危険品扱いで発送する必要があるので注意が必要です。

リチウムイオン電池製品の種類

以下の3種類に分けます。

  1. リチウムイオン電池単体
  2. リチウムイオン電池が同梱されている商品
  3. リチウムイオン電池が内蔵されている商品

そしてそれぞれについて電池容量により以下のようになります。

種類危険品?取扱手数料
(リチウムイオン電池単体)
   20Wh超のセルか100Wh超の電池はい$99
   20Wh以下のセルか100Wh以下の電池はい$99
(リチウムイオン電池が同梱されている商品)
   20Wh超のセルか100Wh超の電池はい$99
   20Wh以下のセルか100Wh以下の電池いいえ
(リチウムイオン電池が内蔵されている商品)
   20Wh超のセルか100Wh超の電池はい$99
   20Wh以下のセルか100Wh以下の電池いいえ

注意

  • 中古のリチウムイオン電池は電池単体では発送できません。
  • 故障、破損、欠陥のあるリチウムイオン電池は発送できません。
  • 単体で発送の場合、容量の30%を超えてチャージされていると発送できません。

電動スクーター、電動スケートボード、電動自転車等について

これらの商品は、リチウムイオン電池の容量にかかわらず危険品扱いで発送する必要があります。ただ製品全体を危険品用の梱包するのは大変なので、電池を外して本体は普通の発送方法、電池は危険品発送で別々に発送することが多いです。

これらの商品も、リチウムイオン電池単体の発送と同様に中古は発送ができません。

30ml以下の香水

30ml以下の容器に入った香水は危険品ですが、少量のため危険品取扱手数料はかかりません。

1箱に500ml分まで梱包できます(30ml容器だったら16個まで)。

シェア

by us-buyer

US$1=¥
アメリカ顧客向け発送サービス
                               
2020年8月の営業日
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
赤字=休業日