ブログ


2016年3月21日 アプリ

海外のサイトで注文をしたいが、日本のクレジットカードを受け付けなかったり、日本へ発送しない場合は、輸入代行サービスを使うことになります。
注文代行を依頼する際には、以下のような注文内容の詳細を知らせる必要があります。
  • 購入先サイトのURL
  • 商品番号、商品名
  • 単価、個数

パソコンから転送依頼を送る場合は、購入先のサイトと依頼フォームを同時に開いてコピーペイストでできますが、スマホやタブレットだとかなり面倒な作業になります。

そこで、輸入代行アプリ「USバイヤー」を使うと、

  1. アプリ内のブラウザで希望商品のページへ行く。
  2. そのページを撮影する。
  3. その画像をメールで送信。
と、これだけで代行依頼ができてしまいます。

具体的な使い方をスクリーンショットといっしょに説明していきます。

(1)
輸入代行アプリ「USバイヤー」を起動
001
(2)
アプリ内のブラウザで商品を探します。

お気に入りにはアメリカのアマゾン、イーベイ、Googleショッピングが入っています。

検索は英語で。

翻訳アイコンをタップすると日本語に翻訳してくれます。
002
(3)
見積もり依頼する前にまず発送先住所を入力してください。
右下のメニューアイコンをタップし、「発送先住所」から入力。
003
(4)
輸入代行の見積もり依頼をしてほしい商品のページで、カメラアイコンをタップします。
商品額と連絡事項を記入欄が下から出ますので、商品額を入力してください。
日本円での金額が概算されます。
内容がOKでしたら、「見積もり」をタップします。
004
(5)
メールが起動して、見積もりに必要な情報と画像が含まれたメールが作成されます。
それを送信すると見積もり依頼が完了します。
1営業日中に見積書をメールでお送りします。appj@us-buyer.comよりお送りしますので、スパムに入らないようにお願いいたします。
005
(6)
作成されたメールを送信すると見積もり依頼が完了します。
画像のサイズを小さくして送信しますか?と出たら「実際のサイズ」を選択してください。小さくなると商品情報が見れなくなってしまいます。
1営業日中に見積書をメールでお送りします。appj@us-buyer.comよりお送りしますので、スパムに入らないようにお願いいたします。
006
(7)
1営業日中に見積書がメールで届きます。
メール内のインボイスへのリンクからインボイスへアクセス。
見積もりOKでしたら「支払う」をクリックします。お支払方法は、クレジットカード、Paypal、Bitcoinが使えます。
007


スマホでかんたん輸入。輸入代行アプリ USバイヤー。是非ご利用下さい!↓


App Store Google Play

by us-buyer


US$1=¥
輸入代行アプリ
                               
2019年6月の営業日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
赤字=休業日