ブログ


 2022年6月22日  2022年6月25日

ショップ代行, 日本への発送, 転送サービス

車大国アメリカでは、トラックで有名なフォードから電気自動車のテスラなど自国のブランドだけでなく世界中の車メーカーが集まっています。それだけにオートパーツも豊富でオンラインストアもたくさんあります。

ここでは、弊社でよく利用する購入先の紹介と実際に日本へ輸入するとどれくらいかかるのか見積りの方法を説明します。

us-buyer.comは米国内セールスタックスのかからないオレゴン州にありますので、他州ではかかるセールスタックス分7 ~ 10%がお得になります。

また大型倉庫と提携しているので大型部品も受け取ることができます。

そしてヤマトやFedExから大型荷物の日本への送料割引きレートをもらっているので、日本へ安く発送できます。

ただ、車自体(車体)はお取り扱いできませんのでご注意ください (車体の輸入はアメリカと日本双方に事務所を持つ専門業者を使うことをお勧めします。)

アメリカのオートパーツ通販サイト、人気7選

弊社では、お客様が日本から自分で注文したオートパーツを転送する転送サービスと、注文から弊社で代行して行うショップ代行サービスを行なっています。

その中で、日本のお客様から依頼の多いサイト7つを紹介します。

アマゾン (amazon)

amazon logo

amazonの利点である、商品数の豊富さ価格の安さ配達の早さはオートパーツにも言えます。

ただ日本のアマゾンでもあるかもしれませんが、注文が中国から届いて、このパーツは本物だろうか?と不安になることはアメリカのアマゾンでもあります。

セラーや商品のレビューを確認することをお勧めします。

イーベイ・モータース (eBay motors)

eBayの利点はamazonと同様に商品数の豊富さと価格の安さになります。

またeBayはamazonより出品規制が少ないことからAmazonには無い商品中古品ビンテージ品なども買うことができます。

ただ配達の早さはあまり期待できません。

セラーの評価を確認することをお勧めします。

クラシック・インダストリーズ (Classic Industries)

アメリカのメーカーに特化したオートパーツのお店です。特にカスタム用のパーツが豊富です。

カリフォルニアに実店舗もある老舗です。

カー・アイディー (CARiD)

ほとんど全てのメーカーやブランドのパーツを揃えています。また商品数が大量でも商品検索や閲覧がしやすいように工夫されたサイトになっています。

ジェグス (JEGS)

アメリカ最大のカスタム用カーパーツ通販サイトです。
カーパーツ以外にもアクセサリー、ツール、レース用アパレル商品などもあります。

ロックオート (ROCKAUTO)

商品数が豊富ですが、サイトがリスト形式になっていて使い難いという方もいるかもしれません。

サミットレーシング (Summit Racing)

主にレース用カーパーツを扱っています。実店舗もある老舗です。

かかる費用

アメリカからオートパーツを輸入する際にかかる費用です。

商品代

購入時に商品代がかかります(当たり前ですが)。

ただus-buyerを使うと米国内セールスタックスがかかりません。他の州の会社ですと7~10%程のセールスタックスがかかるのでその分お得です。

アメリカ国内送料

〜ドル以上の注文は送料無料」となることが多いです。ただ大きかったり重量が重いパーツは送料が別途かかる場合があります。

アメリカ内の輸送であっても、距離があったり最近の輸送費の高騰もありますので、日本の配達料と比べると高いと予想した方がいいです。

いくらかかるかは商品説明ページに書いてあったり、商品をショッピングカートに入れて発送先住所を入力すると表示されます。us-buyer.comの発送先住所の以下を入力して送料を確認してください。

市 (City)Hillsboro
州 (State)Oregon (OR)
郵便番号 (Zip code)97124
発送先住所

梱包料

日本へ発送する際の梱包料です。

アメリカの倉庫に配達される時に頑丈に梱包されていればそのまま発送できるので梱包料はかかりません

国際輸送に耐えられないような状態で届いたら再梱包する必要があります。

またパレットに載せたり木箱に入れて発送する必要がある場合、国際輸送用に熱処理された木材のパレットを使う必要があります。もし熱処理されていないパレットに載って届いたら、国際輸送用のパレットに梱包し直さないといけませんので資材費と作業代がかかります。

国際輸送用の熱処理されたパレットで発送

日本への送料

日本への送料は、荷物の大きさと重量、発送方法、発送先住所、商品価格等により変わってきます。

us-buyerでは、ヤマト、FedEx、郵便(USPS)から発送方法を選ぶことができます。

輸入関税・消費税

ほとんどのオートパーツは輸入関税率0です。

ただ輸入消費税はかかります。

手数料

注文方法により、「転送手数料」か「ショップ代行手数料」をus-buyerから請求させていただきます。

注文方法

注文方法は、以下の2種類あります。

① お客様自身で日本から注文 (転送サービス)

アメリカのオンラインストアで日本へ発送しない場合でも、アメリカ内に発送先住所があれば日本から日本のクレジットカードで注文できる場合があります。

先に記載した購入先7か所とも日本から注文できます

転送手数料は、弊社に届いた荷物の重量によりチャージさせていただきます。

重量 (ポンド LBS)転送手数料
5LBSまで 一律 $5ドル
5 – 10LBSの部分 $1ドル /LBS
10超え – 20LBSまでの部分 $0.75ドル /LBS
20LBS超えの部分 $0.5ドル /LBS
転送手数料の計算

例えば重量100ポンド(約45kg)の荷物が届いた場合、転送手数料は$57.50ドルになります。

② us-buyerが注文代行する (ショップ代行サービス)

お客様に代わり弊社が注文することもできます。

代行手数料は注文する商品価格により以下のようになります。

商品価格合計代行手数料
1,000ドルの部分 15% (最低$5ドル)
1,000ドル超え – 2,000ドルまでの部分 12%
2,000ドル超えの部分 10%
転送手数料の計算

例えば$2,500ドルの商品を注文代行した場合の代行手数料は$320.00ドルになります。

注文時にかかった費用(米国内送料など)には5%加算してご請求させていただきます。

発送方法

弊社が利用している発送方法は以下になります。

  1. ヤマト国際宅急便
  2. FedEx
  3. USPS (米国郵便)

大型のパーツをアメリカから日本へ発送するには、ヤマトオーバーサイズ宅急便FedExフレート便を使います。

これらのサービスで発送できる物のサイズと重量の制限は以下のようになります。これでほとんどのオートパーツは発送できています。

ヤマトオーバーサイズ宅急便FedExフレート便
サイズ制限3辺合計 400cmまで高さ178cmまで、長さ302cmまで、幅203cmまで
重量制限125kgまで997kgまで
パレット・木箱梱包不可
ヤマトオーバーサイズとFedExフレートの比較

危険物

危険物扱いで発送する必要がある場合は、危険物取扱料が別途かかります。

Inaccessibleの危険物は、$140 (または$0.77/LBのどちらか高い方)がかかります。

Accessibleの危険物は、$283 (または$1.54/LBのどちらか高い方)がかかります。

これは1回の発送毎です。

オートパーツで危険物になる物の例です。

  1. ガス式ショップアブソーバ
  2. 燃料の残留があるパーツ (ガスタンク、キャブレータなど)
  3. カーペイントは取扱料Accessible($283)になります。

見積り方法

us-buyerの見積りページを使えば実際にいくらかかるか見積りできます。

見積りには発送時の梱包サイズと重量が必要です。商品ページに商品自体のサイズと重量は書いてあると思いますので、梱包サイズはそれに少し足して入力してください。

見積りの例として、CARiD2013 Dodge Grand Caravanヘッドライトを注文した場合で説明します。

①商品情報を調べる

CARiDでまず、年式メーカー車種を選択し「Go」をクリックします。

CARiDのホームページでまず車選択。

すると2013年Dodge Grand Caravanのパーツを選択できるようになります。

ヘッドライトを探しているので、LightingHeadlights と進んでください。今回はCustom Headlights から Black Euro Headlightsを選びました。

ヘッドライトを探しているのでLightingを選択。
注文するパーツが決まったら ADD TO CART をクリック。

カートに入れると米国内送料$34.95と表示されました。

あと見積りに必要な情報は、梱包サイズ重量ですが、残念ながらCARiDの商品ページには書いていません。

こういう場合はamazonにサイズと重量が書いてあるのでamazonで調べます

amazonで商品名で検索すると似た商品が出てくるのでどれか商品ページを開きます。たまに同じ商品が安く売られていることがあるので、その場合はamazonで買います。

amazonの商品ページの中頃に 重量(Weight、単位はポンドLB) サイズ(Dimensions、単位はインチ ”) が書かれています。amazonのページ内は情報量が多いので、ページ内検索を使うと便利です。

amazonのページで商品の重量(ポンド LB)と大きさ(インチ “)を調べることができる。

②見積りページに情報入力

見積りページでまず注文方法を選びます。

  • ・日本から自分で注文する場合は ⇨ 転送サービス
  • ・us-buyerが注文代行する場合は ⇨ 代行サービス

今回は転送サービスを使います。

注文方法を選択

③転送手数料の計算

配達される荷物の個数と重量を入力して転送手数料を計算します。

今回はamazonのサイトで調べた重量18ポンド、で箱数1にします。

ただヘッドライト2個のなので実際は2箱で届くかもしれません。

転送手数料の計算

④日本への送料の計算

発送先の郵便番号と発送時の重量サイズを入力して送料を計算します。

今回は届いたまま発送するとして重量18ポンドサイズ25 x 24 x 14インチと入力します。

「次」を押すと発送方法と送料が表示されます。

発送先の郵便番号、発送荷物の重量とサイズを入力し次へ

⑤発送方法の選択

発送方法と送料のリストが出ますので、ご希望の方法を選択してください。

輸入目的は、輸入者ご自身で使用する場合は「個人使用」、それ以外の場合は「その他」になります。

今回はヤマト国際宅急便が安いのでそれを選択しました。

オプションで「保険を付ける」、「関税元払い」ご希望の場合は選択してください。

希望の発送方法、オプションを選択

⑥見積り結果

見積り結果です。

見積り結果

弊社からご請求するのは、$103.30と計算されました。商品代米国内送料、日本に到着時の輸入関税・消費税はお客様が直接払うのでここには含まれていません

見積りは下のボタンをクリックし見積りページで。

実例

実際にアメリカから日本へオートパーツを発送した例です。

by us-buyer

                                                               
参考為替レート US$1=¥138
バイヤーマッチングマーケットプレイス
                               
2022年6月の営業日
                                                               
1 23 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
赤字=休業日