ブログ


2016年1月7日
アメリカ倉庫に荷物が届きますと、無料サービスとして、簡易的な検品をさせていただいております。新品、中古を含め様々な商品が届くため細かいところまで見ることができません。基本的に商品名や商品番号が合っているか、個数があっているか、スタッフの判断にて分かる範囲で、破損はないかを確認しています。 以下のような検品はできませんのであらかじめご了承ください。
    • 電気製品の電源を入れ、機能するか確かめること
    • コンピューターや電子機器などの中をあけて正しいチップ(またはパーツ)が使われているか見ること
    • レコード、CD、ビデオ、DVD、ソフトなどを実際に再生すること
    • 楽器の性能を確認すること
    • LEGOなどのブロック、プラモデルのパーツ等が全て揃っているか確認すること
    • ブランド品等で本物かどうかを調べること
    • ショップからの箱に商品名や個数等の記載があった場合は、それを見て確認します。箱を開けて確認はしておりません
    • 商品のパッケージがつぶれたり破れたりするのは破損とみなされません
    • 服等でビニール袋に入っていて商品番号のラベルがついている物はそれを見て確認いたします。中身をあけて確認はしていません。日本に届いてお客様が開封された時にもしラベルと商品が食い違っていても、交換作業はできません。
    • パーツ類は商品についているパーツ番号で確認いたします。パーツ番号のない商品の検品は分かる範囲でさせていただきます
    • 商品のにおいを嗅ぐ。
    • 商品の色落ちや色あせを見つける。
検品について特に注意点がありましたら転送依頼をお送りいただく時にコメント欄にご記入ください。できるだけご要望にお応えしますが、時間がかかる作業は30分30ドルの作業料をご請求させていただきます。なお、日本へ届いてから返品・交換はできませんので確認事項は転送依頼のコメント欄にご記入ください。

Did this answer your question?

 
by us-buyer

US$1=¥
アメリカ顧客向け発送サービス
                               
2021年1月の営業日
                                                               
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 2829 30
赤字=休業日