ブログ


 2022年4月15日  2022年4月15日

ショップ代行, 日本への発送, 転送サービス

アメリカから商品を転送したり、注文を代行してもらう時に利用する転送会社。

事前にいくらかかるか知りたいという時、会社によって手数料の計算方法が違ったりいろいろな料金があったり、結局いくらになるかわからないということがよくあります。

us-buyer.comの見積りページは、日本への送料だけでなく転送手数料や代行手数料も計算するのでより正確な費用がわかります

① 注文方法

最初のページでは、以下の2つより選択してください。

自分で注文する (転送サービス)

日本(またはその他の国)からお客様自身で注文し、発送先にus-buyerの転送住所を使った場合はこちらを選択してください。

また、アメリカの顧客へ商品販売をしていてその顧客からの返品先としてus-buyer転送住所を利用している場合もこちらを選択してください。

②へ進んでください。

us-buyerが注文する (代行サービス)

日本から注文できないお店の商品を入手するため、us-buyerに注文から依頼する場合はこちらを選択してください。

③へ進んでください。

② 転送手数料

転送手数料を計算するため、us-buyerの転送住所に届く荷物の個数と各重量を入力してください。

転送手数料は荷物の重量により以下のようになります。

重量 (ポンド LBS)転送手数料
5LBSまで 一律 $5ドル
5 – 10LBSの部分 $1ドル /LBS
10超え – 20LBSまでの部分 $0.75ドル /LBS
20LBS超えの部分 $0.5ドル /LBS
転送手数料の計算

例えば、以下の重量の荷物が1個づつ届いたとすると、転送手数料は合計$26.50になります。

  • 3LBS (転送手数料$5.00)
  • 10LBS (転送手数料$10.00)
  • 12LBS (転送手数料$11.50)
転送住所に届く荷物

③ 代行手数料

代行手数料は、注文する商品価格により以下のようになります。

商品価格合計代行手数料
1,000ドルの部分 15% (最低$5ドル)
1,000ドル超え – 2,000ドルまでの部分 12%
2,000ドル超えの部分 10%
転送手数料の計算

④ 発送先と荷物の情報

us-buyerからお客様宛へ発送する際の「国」、「郵便番号」、「荷物の個数、重量、サイズ」を入力してください。

先ほどの転送住所に届いた3箱をまとめて梱包したとして、25LBSの荷物1箱とします。

発送先の郵便番号と荷物の情報

⑤ 輸入目的、発送方法選択

輸入目的

  • 個人使用
    輸入者ご自身で使用する場合。
  • その他
    「個人使用」以外すべてです。販売用、業務用だけでなく友人との共同購入、プレゼント用の場合も「その他」になります。

発送方法

送料や配達日数を比較しご希望の発送方法を選択してください。

商品内容や輸入目的によりご希望の発送方法が使えない場合があります。

オプション

発送方法により「関税等元払い」と「保険をつける」ことができます。ご希望の場合は選択してください。

輸入目的と発送方法を選択
オプション希望の場合はチェック

⑥ 見積り結果

見積り結果が表示されます。

基本的にこれがかかる費用です。

これ以外にかかる可能性がある費用は以下になります。

  • 転送注文作成料 – 弊社が転送注文を作成した場合商品1点につき$0.5ドル。
  • 梱包料・梱包資材料 – 大型商品など特別な梱包が必要な場合
by us-buyer

                                                               
参考為替レート US$1=¥131
ライブオークション入札代行
                               
2022年5月の営業日
                                                               
1 2 3 4 56 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
赤字=休業日