8月, 2020


輸入通関の際の過少申告とは、実際の商品価格より低い価格で申告することです。

現在、日本の税関は過少申告の取り締まりを強化しているようで、弊社にも価格証明を求められるケースが増えています。

税関で留まるケース

商品といっしょに入っていたお店のレシートに書かれている価格が申告価格と違うと、税関より理由を求められます。

またその商品の相場価格より大幅に安い価格で申告されている場合は、価格証明を求められます。税関にはあらゆる商品の相場価格が載っているデータベースがありますので、申告価格が低いと税関にはわかります。

留まった場合は?

過少申告を疑われて税関で留まったら、まず価格証明を求められます。お店からのレシートや注文した際のOrder Confirmationなどを提出します。

もし申告価格と違う場合はその理由を説明します。そしてコマーシャルインボイスを修正し再度申告します。

過少申告のペナルティ

もし過少申告していたとなると、不足していた税金を払うだけではなく、加算税などペナルティも課せられます。特に故意に過少申告したと判断された場合は非常に思い重加算税を課せられます。また、過去の輸入履歴をすべて調査されてそれらの分の関税、加算税を課されたり、将来の輸入の際に輸入許可がおりなくなる可能性もあります。

us-buyerの対応

転送注文の場合は、お客様にお知らせ頂いた商品価格で申告しております。ただ以下の場合は、発送前に確認させていただいております。

  • 中に入っているレシートと申告価格が違う場合。
  • お知らせ頂いた商品価格が安すぎると思われる場合。

ご協力をお願いいたします。

さらに詳しくは

さらに詳しい情報はHunadeさんを参照ください。

過少申告について
https://hunade.com/under-value

税関の事後調査について
https://hunade.com/zeikan-jigochousa

リンク



アメリカからTCGカードの輸入が増えています。仕入れ先としてよく使われるTCGPlayer.com Directを紹介します。

TCGPlayer.com とは?

TCGPlayer.com はMagic, Yu-Gi-Oh!, Pokemonなどカードの売り手と買い手を結ぶマーケットプレイスです。またニュース、ストラテジー、価格情報などTCGに関するあらゆる情報を提供しています。英語サイトなので、記事などはGoogle 翻訳などを利用して読む必要がありますが、価格リストを見たりカードを買ったりするには問題ありません。

TCGPlayer Directとは?

TCGPlayer Directは、アマゾンFBAと同じようにセラーが商品をTCGPlayerの倉庫に送り、注文が入ったらTCGPlayerが梱包発送を行うサービスです。

商品はすでにTCGPlayerの倉庫にあるので、注文したらすぐに発送してくれるという安心感があります。

また、発送する際にTCGPlayerのスタッフが、商品の真偽を確認してから発送してくれます。

TCGPlayer Directで買い物をするにはこのサイトから注文します。カテゴリー別リンクは以下のとおり、

TCGPlayer Directから届いた注文

転送と注文代行

us-buyer.comでは、TCGPlayerからの注文の転送と、注文代行を行っております。日本からご自分で注文できる場合は転送をご利用ください。

注文もお任せいただける場合は注文代行サービスをご利用ください。

シェア



お客様とのコミュニケーションの効率化のため「ヘルプデスク」機能をつけました。お問い合わせ等は、メールではなくこちらのご利用をお願いいたします。また弊社からの答えに対する返事もヘルプデスクを通してお送りください。よろしくお願いいたします。

注文に関する問い合わせ

注文ページ下にあります、「メッセージ」よりお問い合わせください。

注文以外に関する問い合わせ

マイページ内の左下の「ヘルプデスク」をクリックし、上方の「新規トピック」をクリックし、お問い合わせをお送りください。

画像の送信

画像の送信は、「添付」にファイルをアップロードしてお送りください。

FBA等のファイルの送信

FBAラベルのファイル等は「添付」にファイルをアップロードしてお送りください。

セラーへ質問

「セラーへの質問」は廃止させていただきます。今後はヘルプデスクよりセラーやお店への質問をお送りください。

シェア



2020年8月17日 ショップ代行

マイクロソフトのSurfaceシリーズから発売される、折り畳み式アンドロイドタブレット、Surface Duoの発売日が9月10日に決まりました。

アメリカのマイクロソフトオフィシャルサイトではすでに予約を受け付けています。

アメリカでの価格は、128GBが$1,399.99(約15万円)256GBが$1499.99(約160,500円)です。

広げたサイズは145.2mm x 186.9mm、重量250g、ディスプレイは2700×1800、プロセッサーが Snapdragon 855です。詳しいスペックはこちらを参照ください。

Microsoft Teamsやスカイプのビデオ会議対応など、これからモバイルワークがメインになっていく中で活躍するデバイスになりそうです。

さて、日本での発売日がまだ未定のためアメリカから個人輸入したいという方のために、us-buyerで注文代行した場合いくらかかるかの試算を紹介します。

256GBを注文代行サービスで購入した場合、

商品価格$1,499.99
代行手数料$210.00
日本への送料$34.23
輸入関税・消費税$117.99
合計$1,862.21
Surface DUO 256 GBを個人輸入したらいくら?

ということで、$1,862.21 (約20万円)となりました。

個人輸入代行ご希望の方は、マイページよりご依頼ください。

今日、8/17現在マイクロソフトオフィシャルサイトではまだ予約受付中です。



2020年8月14日 転送サービス

日本郵便がアメリカ向け発送を止めた時に始めた「アメリカ顧客向け発送サービス」ですが、アメリカ向け郵便が徐々に再開されている今もご利用いただいています。特にトレーディングカードなど小さい商品は、まとめてアメリカ倉庫へ送って頂いて、倉庫で分けてアメリカ内の個々の顧客へ発送した方が安くなるようです。

レコードやCDを販売されているセラーさん用にメディアメールでの郵送も始めました。メディアメールで送れるのは、

  • CD
  • レコード
  • DVD

となります。トレーディングカード、ビデオゲーム、雑誌にはご利用いただけませんのでご注意ください。

安くてアメリカ内統一料金ですのでこれらの商品をアメリカの顧客へ発送する際はご利用ください。

詳しくはこちら

レコードの発送はメディメールがお得


2020年8月12日 日本への発送

アメリカの老舗カーワックスメーカー、「マグアイアーズ (Meguiar’s)」はその定評ある優れた効果で人気のある製品を作っています。

ワックス以外にも、グラスクリーナー、タイヤクリーナー、車内消臭剤など車のクリーニングに関せる多くの製品があります。

商品はオフィシャルサイトやアマゾンで購入することができます。

アメリカから直接購入する際は、危険品かどうかを注意する必要があります。アマゾンでしたら危険品の場合、発送先に日本を選択できません。

そのような場合は弊社のような転送会社の住所を使うと注文できますが、弊社に届いてから日本へ発送する際に危険品取扱料($99 ~ $199)がかかります。

製品により危険品と、危険品でないものがありますので、ここではその見分け方を紹介します。

1. オフィシャルサイトで商品を探す

マグアイアーズのオフィシャルサイトで左上のメニューかSearchで商品を探します。販売サイト (meguiarsdirect)にはSDSがないので注意。

2. Safety Data Sheetを開く

商品ページの左上の「Safety Data Sheet」をクリックします。

3. SECTION 14

Safety Data SheetのSECTION 14が輸送に関する情報 (Transport Information)になります。

ここに「UN~」という番号が書いてあれば危険品になります。日本へ発送する時に特別な梱包、発送方法が必要になります。危険品取扱料199ドルが別途かかります。

「This product does not require classification」と書いてあれば危険品ではありません。

IATAのところに UN~とあれば危険品。この場合はUN1950 AEROSOLS

UN番号がなければ危険品ではない。

シェア