ブログ


2016年7月18日 米国アマゾンFBA


アマゾンよりFBA長期保管料課金日についてお知らせがありました(原文)。
以下訳となります。

次回のFBA在庫クリーンアップは2016年8月15日に行われます。その日に、6から12ヵ月間保管している商品に対し1立方フィートにつき$11.25の長期保管料をチャージします。12ヵ月間超えて保管している商品に対しては1立方フィートにつき$22.50の長期保管料をチャージします。

2016年8月15日前に在庫返送を依頼した場合は、同じASINの商品は2017年1月1日までFBAに送ることはできません。販売を続けることはできます。在庫返送は別に料金がかかります。

もし自動在庫返送オプション(automatic-removals option)をオンにしている場合は、長期保管料がチャージされる前にそれらの在庫は返送手続きされます。在庫返送手数料はかかります。自動在庫返送で返送された場合でも同じASINの商品は2017年1月1日までFBAに送ることはできません。自動在庫返送オプションをオフにするか、”長期保管料がかかる在庫は破棄(Dispose all units eligible for Log Term Storage fee)”をセラーセントラルのセッティングで設定してください。自動在庫返送についてはこちら

在庫レベルが4週間の販売予想数を下回った場合はこのASINを送ることができるようなります。販売予想数とは過去90日間の実際の販売数を基に算出されます。

長期保管料がかかる在庫を見るには、インベントリーダッシュボードの「FBA Inventory Age page」を見るか、セラーセントラルのフルフィルメントレポート内の「Inventory Age report」をダウンロードしてください。

すでに告知したように、2016年10月1日にFBA料金を変更す。2016年内に売れる物を11月と12月にストックするように推奨する料金構成になっています。詳細はこちらをご覧ください。 フルフィルメントレポート内の「Storage Fee Comparison Report」で2015年と2016年の料金とを比較することができます。

長期保管料については、FBA Long-Term Storage ヘルプページを参照ください。

us-buyer.comでは米国アマゾンのFBA在庫返送先としてのサービスを行っております。詳細はこちら

by us-buyer

コメントを書く


US$1=¥
輸入代行アプリ
                               
2019年6月の営業日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
赤字=休業日