ブログ


クリスマスの後は、クリスマスでもらったが、いらないギフトカードやギフトがネット上のマーケットプレイスに大量に出回ります。今回はそういったサイトをいくつか紹介します。

ギフトカード売買サイト

CardBear

ギフトカードを売買するサイトはたくさんありますが、それらのサイトをまとめて検索して最安値のギフトカードを見つけることができるのが CardBear.com です。

CardBear.com
CardBearは多くのギフトカード売買サイトの中から比較できます。

日本からアメリカのギフトカード売買サイトを利用する際の注意点

  • Physical Card (プラスティックのカードが郵送されてくる)は買わないようにしましょう。日本へは郵送してくれません。
  • 日本から注文できないお店のカードは買わないようにしましょう。転送会社を使えば注文できますが、ギフトカードは使えないことがあります。
  • 日本へ発送するお店でもセキュリティのためギフトカードは使えないこともありますので、まず少額のギフトカードを買って使えるか試した方がいいかもしれません。

フリマサイト

この時期はクリスマスプレゼントでもらったギフトをフリマ(個人売買サイト)に出品する人が増えますので、買う方にしてみれば選択肢が増えて値段も安くなります。

eBay

eBayは元祖個人売買サイトです。あらゆる商品が出品されています。ただ出品数が膨大なので、偽物等には注意しないといけません。昔と比べるとかなり安全になりましたが、今でも偽物、サンプル品、新古品などが届くことがあります。

個人売買の元祖ebay

amazonマーケットプレイス

日本でもお馴染みのアマゾンマーケットプレイス。アメリカのアマゾンではこの時期に要らないギフトがたくさん出品されます。

この時期、要らないクリスマスプレゼントがたくさん出品されます。

メルカリ アメリカ版

アメリカでもメルカリがだんだん浸透してきました。スマホで簡単に出品できるので、eBayやアマゾンは面倒だという人が要らないギフトを出品するのに使いそうです。

アメリカでも利用者が増えているメルカリ

ポッシュマーク

Poshmarkはファッション専門のフリマサイトです。クリスマスにもらったプレゼントで気に入らないものやサイズが合わないものがたくさん出品されます。

ファッション専門のフリマサイト
by us-buyer

US$1=¥
輸入代行アプリ
                               
2020年1月の営業日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
赤字=休業日